ニュース&ブログ

NEWS&BLOG

靴下を立ったまま履けない(東大阪 整体 献身堂)

靴下を立ったまま履けない(東大阪 整体 献身堂)

靴下を立ったまま履けなくなっている人がいます

 

バランス感覚が鈍くなっている証拠です

 

 

靴下を立ったまま履けなくなると

 

 

歩く時の左右の横揺れが大きくなっていることが考えられます

 

 

片足で10秒以上立てないと

 

 

歩く時の歩幅が狭くなり

 

 

 

ちょこちょこ歩きになります

 

 

そうすると足首を上下に動かすことが少なくなり

 

 

 

足首を固定したまま歩くクセがついてしまいます

 

 

 

そうするとふくらはぎとすねの筋肉を随時、緊張させることになり

 

 

 

朝起きようとすると足がつるといった症状が出やすくなります

 

 

 

そうならないように予防するには

 

 

 

足の関節内部にある距骨(きょこつ)の調整をする必要があります

 

 

足の骨は立体パズルの様に積み上げられていますが

 

 

 

何かの拍子に傾いたり、グラグラしたりすることがあります

 

 

 

そうすると自力でなんとか元に戻すことが難しくなります

 

 

 

そんなときに役立つのが整体になります

 

 

 

整体院献身堂で行なっている一野式筋肉骨調整法では

 

 

骨に対してアプローチしていきますので

 

 

 

調整がしやすいのです

 

 

 

 

整形外科にいって、医師に直接触診してもらい施術してもらうことはほぼないです

 

 

 

私のようなリハビリ職のものが患者さんの体を直接触って、施術していくことの方が多いのです

 

 

しかし、手技だけではなかなか骨を調節できないのですが保険では適応されません

 

 

なので、私は整体院献身堂を立ち上げて少しでも患者さんの健康の手助けができるように頑張っています

 

 

骨を整えてから筋肉を鍛えることで

 

 

筋肉が付きやすくなります

 

 

 

あなたは立ったまま靴下をはけていますか

 

 

もし、立ったまま靴下をはけないようならば、整体院献身堂を一度ご利用ください

 

 

#筋力低下 #バランス感覚の低下 #東大阪市 #土日祝営業

#整体 #整骨 #整体院献身堂 #瓢箪山 

 

 

 

 

072-968-7654 ご予約